[URLあり]酒鬼薔薇聖斗こと元少年A、公式HPを開設

1

少年Aから「週刊文春」に“抗議文”が届いた
2015.09.09 16:00?神戸連続児童殺傷事件の犯人で、手記『絶歌』(太田出版)の著者
である元少年A(33)から、「週刊文春」に手紙が届いた。手紙では、
「週刊文春」6月25日号で報じた『絶歌』の出版経緯について、
<残念ながら事実とは異なっていました>とし、<僕は当事者
としてありのままの真実を包み隠さずきちんと伝える義務を感じ、
今回独断で筆を執らせていただきました>としている。

?A4・20枚、2万3000字に及ぶ手紙では、出版の経緯を克明に綴った
後に、次のような告知をしている。

<最後に、重要なお知らせです。

?いろいろ思うところがあり、急遽ホームページを開設しました。(略)

?まだ立ち上げたばかりで方向性も何も決まっていませんが、今後
はこのホームページを基盤に情報発信をしていく所存です。
元少年A>

<元少年A?公式ホームページ>と題されたHPでは、身長や体重や
メールアドレスに加えて、マスク姿や、全裸でナメクジにまたがる
元少年Aの写真などがアップされている。(以下略)

※全文は週刊文春WEBでご覧下さい。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5415

74

>>1
これ絶対背後で一枚、二枚噛んでる奴が居るだろ?
プロ、素人関係なく・・・

78

>>1 目立ちたがり屋で、自己顕示欲の塊で、自己愛が強くて自分大好き、もしかしたら犯罪をやらかした自分に酔っている、自己陶酔者?
……救いようが無い人格障害者ですね。

2

日本社会は犯罪者にナメられすぎだな

5

調子に乗りすぎワロタ

7

スゲエな
遺族の傷口に塩を塗る行為は同じ人類とは思えん

10

法律変えろよおかしいだろこれ

12

ボロッカス世間様から叩かれて鬱になって再犯する流れか?

24

やるのはかまわんけど、そこまでやるなら実名でやれって思うけどな

34

絶歌読んでないけど、ナメクジ解剖のくだりがあるんじゃないっけ
キモすぎ
そして、全裸でナメクジにまたがる自分の写真(コラ?)を発表っていうのをやってるのが30過ぎのおっさん時点というのもキモい

55

あれだけのことやって真人間に更生させたら自分のやったことが鬼畜過ぎて
生きていられないだろうから。
人権屋弁護士が入って更生もいい加減にやったんだろうね。>>34
まじで?生き物を殺すってやばい兆候じゃない?
相変わらず解体が趣味ってところが更生をいい加減にしかやってない証拠だわ

35

たのむから、こいつを死ぬまで監視しといてくれ。
薬漬けでもいいから、檻の付いた病棟に一生住ませてくれ。

36

他の人も言ってるけど構ってちゃんにしか思えない

40

日本版サムの息子法制定を急ぐべし

自らが犯した罪をネタに
被害者や遺族がセカンドレイプされる現状は許されない

42

やっぱり、反省なんかして無いな、少年法は悪法の証明だろ。

98

>>43

うぽつ

児雷也の時代から、ナメクジに乗るってのは女のイメージなんだがな?

ひょっとして強姦願望の表れ?

この凶悪殺人犯は、何重にも精神がねじくれてるんだろうなあ。

45

人殺しておいて何の情報を発信していくんだよ
少年法って本当に百害あって一利無しだな

46

少年法が、最初に制定されたのは1922年(大正11年)だったそうですね。
その後、何回か改訂されて現行の少年法に、なったらしいですが……

68

これさ、みんなが無視を決め込むと刺激が欲しくて
そのうち素顔晒すから見ててよ、必ずやると断言するよ

69

>>68
みんなが無視するのが一番効果的なんだけど、常識ある人達が無視しても
絶歌買っちゃうような人達とかマスコミ連中がホームページにまた群がって騒ぐのが目に見えてる

80

これはヤバい傾向だと思うぞ
過去の罪を晒しても自分は安全なんだ、とこいつは学習してる少年法を盾に「自分は人殺しをしても罪に問われない」と人殺ししてた時と全く同じ
自分に実害がないと分かればだんだんと過激になっていくんじゃないか

82

いっそ顔晒せばいいのにね
人を意識することで、犯罪の欲求が抑えられるんなら
それはそれでいいと思うんだけど

90

すいません…。タイトル間違えた。


元少年A公式ホームページ
存在の耐えられない透明さ
http://www.sonzainotaerarenaitomeisa.biz/

引用元:

  • http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1441785074/l1000

クレジットカードの事がよくわかるクレジットカードニュース編集部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする