本震も震度7 気象庁、益城町・西原村の震度計を分

気象庁は20日、16日未明に起きたマグニチュード(M)7・3の地震でも、熊本県益城(ましき)町と西原村で最大震度7を観測していたことを明らかにした。

2町村の震度計の不具合で観測データが入手できなかったが、同庁職員が現地で回収したデータを分析し、20日に判明した。

益城町では14日に発生した最初のM6・5の地震でも、最大震度7を記録していた。

クレジットカードの事がよくわかるクレジットカードニュース編集部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする