熊本で110ミリ超=猛烈な雨、土砂災害警戒―気象庁

西日本に停滞する梅雨前線の影響で20日夜から九州は大雨となった。

気象庁は午後10時20分ごろ以降、長崎県の雲仙岳や南島原市、熊本市、熊本県宇土市、益城町、西原村などで1時間雨量が約110ミリの記録的短時間大雨情報を相次いで発表した。

同県甲佐町では21日午前0時20分ごろまでの1時間雨量が150.0ミリに上り、この地点の観測史上最多となった。

鹿児島県を除く九州各県と山口、愛媛両県の一部地域には、土砂災害警戒情報が出された。熊本地震で地盤が緩んでいる地域は特に警戒が必要。河川の増水や氾濫、低地の浸水の恐れもある。長崎市の一部地区などに避難勧告が発令された。

21日は西・東日本で大雨となり、同日午後6時までの24時間雨量は多い所で、九州と四国150ミリ、中国と近畿120ミリ、東海と関東甲信100ミリと予想される。竜巻などの突風や落雷、ひょうにも注意が必要

楽天LIFULL STAY 台湾の民泊サイトと業務提携開始

クレジットカードの事がよくわかるクレジットカードニュース編集部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする